たき火には斧は必要?

こんにちは!キャンパパです。

キャンプと言えば、たき火。たき火と言えばキャンプ。

というわけで今日は、たき火についてです。

スポンサーリンク

たき火に斧は必要か否か。

早速、結論です。

無くても良いが、あった方が良い!!

先日のキャンプで、たき火の火おこしで初めて苦戦しました。

これまで何度か、たき火をしましたが、ビギナーズラック(?)なのか、火おこしに困ったことはありませんでした。

ちなみにわが家では、たき火台はこれを使ってます。

折りたたんでコンパクトに収納できて、軽くて、網もついているのでBBQもできて一石二鳥の優れものです♪

たき火台といえば、スノーピークのものや、

ユニフレームのものが高評価で有名ですが、

収納性、重さ、BBQもできるなど、総合的に考え決めました。
しかもお値段も、他の焚き火台に比べてお手頃価格。

実際に火を起こしてみる

火の起こし方としては、キャンプ初心者人とはいえ、太い薪にいきなり火がつかないことぐらいの認識はあるので・・・

ぜったい100円ライターじゃ火は着かなそうですもんね。(^_^;)

その辺に落ちている小枝を子どもたちと拾い集め(1歳の息子はウロウロして土まみれになっているだけですが。笑)、松ぼっくりが着火剤に良いという噂を聞いたことがあるので松ぼっくりも拾いつつ、林の中を探検。

まず、火が付きそうな枯れ葉や、場合によってはバーベキューで余った着火剤に火をつけ、どんどん細い枝から太い枝にしていく・・・というなんとも勢い的な手順でなんだかんだ、楽しめていたんです。

しかし!!

先日、山ではなく海キャンプに行った際に、なんと小枝が落ちていないという事件が発生。

海ですから。

手元にあるのは、ぶっとい薪のみ。

どうしよう・・困った・・・。

どうにか細めの木や、針葉樹の枯葉っぽいものや、紙くずなどを拾い集めて火をつけ続けてみたり、

バーベキューで残った炭を投入してみたり、煙突効果だ!と、チャコスタに諸々ぶっ込んでみたり、手を尽くしましたが…

全く火がつく気がしねぇ・・・。

全然火がつかない・・でも。


あきらめたら試合終了です。

安西先生・・・たき火がしたいです。。

結果、最後まで諦めなかったのは妻でした。笑

その勇姿は、もはやたき火職人。

そして無事、着火。

妻に、

「イケると思った時の集中力すごいけど、無理って思った時の撤退早いよねぇ~。」

と言われてしまいました(^_^;)

というわけで。

諦めの早い僕は(笑)、斧か鉈(なた)を入手して、小枝がない環境でも薪を割り火つけできる環境を作ろうと思います。

今狙っているのは、ネットでも評価の高いハスクバーナ。

全体的に高いものが多い中ではお手頃価格だし。

かっこいいー。
ほしいー。

で、鉈か斧か?

色々調べた結果、現時点での僕の結論です。
斧は、刃物自体に重みがあるため、太い木を中くらいの薪に切り出していく作業に向いていて、
鉈は、そこからさらに細く切り出したりフェザースティクをつくるのに向いているとのことで、

キャンプ場でたき火用の薪を購入し、少し細かくする程度の作業であれば、
実用性を考えれば鉈ですね。

しかし!!斧がカッコイイんです・・・。

ハスクバーナ・・・名前もカッコイイ。笑

ほしいなぁ~・・。

というわけで、キャンパパでした。

Have a nice camp!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク